オラトリア

(工事中)

MENU

リスニング英語講座「ラポールの持つ威力」アンソニー・ロビンズ

f:id:oratoria:20170804105838j:plain

英会話ではリスニング力は重要だ。それは、相手の言ってることを理解するということだが、人にはそれぞれ固有のアクセントだったり、イントネーションがあるし、早口の人もいる。そこで今回は、アンソニーロビンズが話すアメリカ英語を紹介する。

 

今回の題材は、ラポール(rapport)についてだ。

 

言語学,心理学用語。主として2人の人の間にある相互信頼の関係。すなわち,「心が通い合っている」「どんなことでも打明けられる」「言ったことが十分に理解される」と感じられる関係。カウンセリング,心理テスト,教育などの場面で重視される。

(引用:ラポール(ラポール)とは - コトバンク)

 

 

アンソニー・ロビンズ

世界ナンバーワン、コーチングとして名が知られる自己啓発作家。ビル・クリントン元大統領、ロナルド・レーガン元大統領、投資家ジョージ・ソロスクインシー・ジョーンズ、ダイアナ元妃など多くの世界的リーダー達に影響を与えたことでも知られている。2007年にはフォーブスの世界で最も影響力を持つ著名人「Celebrity 100」に入っている。

 

字幕ボタンをオンにして見てくてほしい。専門用語が出てくるから、単語帳も、出てくる順に載せておく。オラトリアでは高卒レベル以上を対象にしてるから、TOEIC350点以上ないと、チンプンカンプンだと思う。

ポイントは、なんとなく理解する!だ。数をこなせば、そのうち理解できる。君が英会話上達にやるべきことは、とにかく数をこなすことだ。

 

開始 ~ 8:10

 

Commonality 名)共有性
affinity 名)相性
intellectually 副)知的に
jugular 形)頸部の
biofeedback 名)生体自己制御
nod 自)うなずく
substance 名)実体

 

 

8:11 ~ 13:11

 

beside 前)のそばで
aspect 名)(もの・ことの)面、様相
slicker 名)インチキ師
obnoxious 形)気に障る
magnificent 形)壮大な
duplicate 形)うりふたつの
posture 名)姿勢
upright 形)直立した
idiosyncratic 形)風変わりな
pendulum 名)(時計の)振り子
sync 名)同調
literally 副)文字通り

 

 

13:12 ~ 19:04

 

exaggeration 名)誇張
referral 名)参照
assignment 名)宿題
dozen 名)ダース(単位)
bond 名)つなぐもの(紐、縄)
proximity 名)近接
clue 名)手がかり
acuity 名)(感覚の)鋭さ
acute 形)(感覚の)鋭い

  

 

19:05 ~ 終わり

 

back off 後ろに下がる
subtle 形)微妙な
sensory 形)知覚の
squeeze 他)をぎゅっと握る
blood vessel 血管
physiology 名)生理学
bounce 自)跳び上がる
pacing 名)ペーシング
require 他)を必要とする

 

あとがき

君はアンソニー・ロビンズの話し方から、どんな印象を受けただろうか。この力強い感じの話し方、これが「スピーチ」かと、勉強になったのではないか。

 

おしまい。