コミュニケーション英語講座 ep.1

f:id:oratoria:20170520022820j:plain

みなさん、英会話うまくいってますか?

いくら英語を知っていても、日本人にとって、外国人とのコミュニケーションって難しいですよね。そこで、今日から英語を教えることにしました。 今のところ不定期だけど、週1くらいで更新していきます。

メイン対象は外国人との英会話がうまくいってない人です。最低でもToeic350点はないと読みづらいと思います。

目的は、英会話ができるようになること。もっと具体的に言うと、英語を使って様々なタイプの外国人との対面式コミュニケーションが対等にできるようになることです。

他の英語ブログと違う部分は会話することを前提としているとこです。具体的には単語、熟語を紹介していくんだけど、暗記ではなくて、理解するように読んでほしいです。

 

シャキッといくよ!

 

As long as ~

~する限り

 

「~」の部分は条件、時間、期間になります。

 

似ているのが

As far as ~

これは(知識、意見、視野が)~する限り

という表現です。

 

As long as I can,I will keep working.

体力が持つ限り、ぼくは働き続けます!

できるだけ長く私は働きます

 

As far as I know,she is the best !

おれの知っている女の中でも彼女は最高にいい女だ

わたしの知る限り彼女は最高です

 

英語は自分で文を作らないと覚えにくいです。自分なりにAs long asAs far as を使って文を作ってください。それと、もうひとつ、頭の中で実際に自分が使っているイメージをして声に出して練習しましょう。どんなイメージでも良いです。舞台が学校であったり、職場であったり、なんでも良いです。大切なのは、どれだけ実体験っぽくイメージできるかです。英語は実際に使う経験をしないと、会話ができるようになりません。経験こそ英会話の宝です。実体験ができなくても、イメージトレーニングで、実体験の経験値を多少はカバーできます。

次行きます。 

One look

一見

 

One look is enough.

一度見れば十分です

 

 

こういう使い方もあります。

One look,I know.

見ればわかるよ

一度見ればわかります

 

 

I injured myself.

おれ、ケガしちゃったッス

 

もし包帯か何か巻いてたら、見りゃわかりますよね。

 

One look,I know.

見りゃわかるよ

 

こんな感じで使います。

 

Obsess

妄想などが人にとりつく、という意味です。他動詞です。

 

He is obsessed his hobby.

あいつは趣味に夢中なんだよ

彼は趣味に取りつかれています。

 

こんな風に使います。ネガティブな意味で使うことが多いです。精神病を持っている人に対して蔑むように使ったりします。日常会話ではあまり使わないけど、心理学とかに興味のある人は出てくる頻度が高いかもしれません。

 

Blow

吹く。自動詞です。

 

自動詞とか、他動詞とか

どっちだっけ?

吹くだっけ?

吹かれるだっけ?

 

そういうの、あんまり重要じゃないです。blow の意味は「吹く」だけど、「吹かれる」で覚えちゃっても、まあ、良いです。実際に使っていくうちに覚えます。間違えても通じます。通じないときは

それって、こういうこと?

って聞かれるので大丈夫です。

 

It's blowing hard today.

今日は風が強いなー

Insane

非常識な、狂気の、です。

形容詞です。

 

 

The man must be insane.

その人、頭おかしいよ

その男は頭がおかしいに違いない

 

 

こういう使い方もあります。

She is insane !

彼女、頭イッちゃってんじゃん!

 

このフレーズはShe is crazy !でも良いです。でも、crazy は良い意味でも使うので注意しましょう。日本語で言うところの「ヤバい」にあたります。それが crazy です。「ヤバい」の一言で表現できる事って、かなり多いですよね。それと同じ感覚で crazy は使います。

 

along with

~と一緒に

 

この along with ですが、調べてみると、Toeic350点レベルの熟語のようです。覚えろってことですよね、きっと。

でも、実際、この熟語、まず出てきません。1年に1回くらいじゃないですかね。でも、まあ、一応、覚えておきましょう。

 

Come along with me.

私と一緒に来てください

 

Come with me.より少し丁寧なニュアンスがあります。なので、宝石店にやって来た金持ちそうなお客様に対して使ったりします。

 

Raise と Rise の違い

raise raised raised

【読み】レイズ
【他動詞】上げる
【自動詞】 掛け金を上げる
【名詞】 昇給(アメリカ)

 

rise rose rosen

【読み】ライズ

【自動詞】上がる

【名詞】昇給(イギリス)

 

ぼくは今でも、これよく間違えます。何度覚えても、どっちがどっちだか、わかんなくなります。英語には、そうやって似てる単語があるので、スキルが上がるにつれ新しい単語に出会うので、どっちがどっちだかわからないってのが必ずでてきます。これは、もうしょうがないです。raiserise だったら意味が似てるから、どっちを使っても相手に通じるけど、これが overcome(克服する) を come over(こっちに来なさい)と言ってしまったら通じないですよね。反復練習あるのみです。トランプ好きな人いますか? raise はポーカーで掛け金を上げる時に自動詞として使います

 

   

テーマはThema

テーマは何にする?

ん?

テーマ!テーマ!

んん?

テーマの意味は主題とか題目とか、ですよね。日本語でも使います。でも、これ英語で言うと発音が違うんです。

ぼくも最初はテーマを「テーマ」って発音してたんですが全く通じませんでした。

 

【発音記号】θíːm

カタカナで書くとシームですかね。

テーマって発音しても通じないので注意しましょう。

 

次で最後です。

ちなみにですが、1日30単語暗記を365日続けるより、1日5単語を自分で英作文を何度も何度も作って、声に出して読んでみて、っていう勉強方法の方が自分の言葉になりやすいから、長い目で見れば、その方がうまくいくと思います。言語は実際に使えなきゃ意味ないですからね。

Survey

名詞で、調査

他動詞では、~を調査する、~を査定する、~を見渡す

 

「~を見渡す」の意味で使うことはまずないと思います。そういう時はlook を多用しますし。

 

一応、例文を作ると

He surveyed the ocean.

彼は大洋を見渡した。

ですかね。

 

大切なのは、「調査」という意味です。「査定」という意味でも使います。

 

この「調査」という意味の単語で頻繁に出てくるのが他に2つあるので、それも紹介しておきます。

 

Investigation

真相を明らかにする「調査」です。警察や探偵による調査ですね。

The detective make a investigation into her cheating.

その探偵は彼女の浮気を調査する

cheating は「だます」という意味ですが、「浮気」という意味でも使います。ing にせずcheat でも通じます。cheat は自動詞、他動詞、名詞の3つがあって使いやすい単語です。

Research

専門的な「調査」です。市場調査であったり、「研究」という言葉にも置き換えられます。自動詞、他動詞の役割も持っています。

I'm researching local land.

地方の土地を調べているんだよね

Survey

広範囲にわたる「調査」です。

国勢調査、地域調査とかですね。

We had the car surveyed before selling it.

売る前に査定してもらったよ

わたしたちはその車を売る前に査定してもらった

参考書

単語、熟語を覚える勉強と同じくらい大切なのが練習です。実際に会話するってことです。他人の英会話を聞くだけでも勉強になるので、この参考書はオススメできますね。これ、けっこういいんじゃないかな。

 

おしまい。