外国人がくる!不動産バブルがくる!

f:id:oratoria:20170712233207j:plain

インバウンド需要の高まりで影響を受けるのは旅行業だけでなく、不動産業もしかり。現在、観光客が多く訪れるところでは絶対的に宿泊施設が不足し始めています。さらに今後もこの流れは続くと思われます。

 

インバウンド(Inbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のこと。日本へのインバウンドを訪日外国人旅行または訪日旅行という。

(引用:インバウンド(訪日外国人旅行 / 訪日旅行)とは・観光用語集 - JTB総合研究所)

 

 

ビジットジャパン事業の始まり

日本政府は2003年からビジットジャパン事業を手掛けている。これは国土交通大臣がリーダーになり、訪日観光客を増やそうと発足した国の一大プロジェクトだ。

目標はオリンピックまでに年間4000万人にすること。

そもそも、日本の観光業は出国日本人と訪日外国人ベースで見れば、かなりの赤字であった。たとえば、2003年度は、出国日本人旅行者数が1652万人であったのに対し、訪日外国人旅行者数は524万人。1000万人以上もマイナスであった。旅行先で一銭も使わない者などまずいない。つまり、資本(お金)が海外に逃げていってる状態だったのだ。

止まらない!増え続ける訪日観光客

リーマンショックがあった2008年でも835万人、東日本大震災にみまわれた2011年ではさすがに大打撃を受け、621万人と落ち込んだが、ここにきて猛烈に好景気だ。昨年はなんと、2400万人。それが、さらに2020年には4000万人まで増えると日本政府は公言している。

さすがに、このバブルを大手企業は見逃すわけもなく、たとえば大手航空会社ANAでは国内線をどの区間でも13000円で提供している。しかもマイレージ加算率100%という大判振る舞いだ。どこの業界も外国人の囲い込みに必死になっている。

さらに広がるバブルの余波

大きな大災害などが起きない限り、訪日観光客の増加はこれからも当分続いていく。直接ご利益にあるつけるのは、航空業界や観光業界だが、しかし、あまりにもバブル景気のため、支えきれていない状態だ。例えるなら、一杯のコップに利益と言う名の水を注いでいるが、コップが小さすぎて水がコップから溢れている状態だ。それが今の日本の経済である。

溢れ出た水をすくうのは…

f:id:oratoria:20170712233104j:plain

今、注目されているのが不動産業界だ。2003年に524万人だった訪日外国人は2020年には4000万人になる。8倍だ。それだけ多くの宿泊施設が必要とされるなら日本のホテルや民宿は間違いなく増えていくだろう。ここで見過ごせないのがAirbnbの存在だ。Airbnbはアメリカ発のアパートや民宿を貸し出すサービスで、世界192ヵ国で展開している。日本では2014年からサービスが始まっており、2015年度の調査によれば、この年Airbnbは5207億円の経済効果を生んでいる。公式発表によれば、標準的なホストは平均で122万2400円の年間収入額を手にしている。この年、Airbnbが受け入れた訪日外国人旅行者は138万である。ちなみに2015年度の訪日外国人旅行者は1973万人である。2020年にはこれが4000万人になる。不動産業が今後、どれだけバブルで盛り上がっていくのか、想像できるだろうか。

 

いくら、不動産業界がバブルになろうと、人には得意、不得意なジャンルがあるもの。周囲の人間はうまくいっているのに、自分だけが失敗してしまった経験はないだろうか。無料での資料請求や無料セミナーがあるところをいくつかピックアップしておいた。まずは勉強だと思って、資料請求や、セミナー参加で自分にも不動産投資ができそうかどうか判断してみてはいかがだろうか。その上で、やる、やらないを自分の意志で決断すると良いだろう。

 

ARISE  

無料相談会・無料説明会を東京と大阪で開催している。説明会で勉強してみるのもいいだろう。

 

 

 

【GA technologie】  

資料請求すれば、DVDとパンフレットで丁寧に説明してくれる。もちろん無料だ。

 

 

 

ひかリノベ  

中古マンションを数多く取り扱っている。東京、神奈川を中心に無料イベント・セミナーを頻繁に行っている。

 

 

 

シノケン  

資金が少なく「頭金ゼロ」で始めたいならここか。

 

 

 

 

以上。