「死にたい人はいない」と語ったスティーブ・ジョブスから考える世界平和

f:id:oratoria:20170624033017j:plain

自分の死について考えてみたことって、ありますか?

いつ死ぬかわからないけど、確実に人生には死が待っています。50年後かもしれないし、それは明日かも知れない。ものすごく怖くないですか?明日死ぬかもしれないって。

 

100%の確率で、ぼくたち人間は死ぬんです。

明日死ぬって、そんなの嫌ですよね。誰だって、どう考えたって。

 

 

生存本能

f:id:oratoria:20170624032628j:plain

全ての動物には『生存本能』が備わっているので、人間は生き延びようと必死になります。お金を稼ぐのも、生き延びていくため。友人関係だって、「生き延びていくため」という前提があってこその友人関係です。「おもしろくて、いつも楽しい気分にさせてくれる人」「社会的地位が高くて、困ったときに、もしかしたら助けてくれそうな人」「お金持ちで、ごはんをご馳走してくれる人」そういった自分にメリットのある人と、人間は交流を持ちたがります。すべての動物は、『生存できる確率を増やす』『死のリスクを減らす』行動をとります。

人類が共有できる価値観

f:id:oratoria:20170624032623j:plain

殺されそうになれば、どんな動物も必死に抵抗します。指をくわえてじっとしている動物はいません。叫んで助けを求めたり、暴れたりして、なんとか生きようと必死に抵抗します。生き延びるためのお金がなければ、窃盗・強盗だってします。人間は生きていくために何だってします。ぼくたち人間は、『死』が怖いのです。『死の恐怖』は、人類が共有している価値観です。

 

法人も必死に抵抗する

多くの日本人は社会集団である法人(企業)に属しています。その、法人も、倒産しないように、生き延びていくため、毎日営業活動をします。経営が悪化すれば、打開しようと試行錯誤を繰り返します。倒産へ向かっていく状況を指をくわえて、ただ待っているだけの法人はいません。誰だって『倒産(死)』は嫌なのです。

国家も必死に抵抗する

日本は第二次世界大戦(太平洋戦争)で敗北しました。戦前の日本は経済制裁を受け、国家存亡が危ぶまれていました。国家の滅亡を、ただじっと待っているだけの国はありません。そして日本はアメリカやイギリスに抵抗するために真珠湾を攻撃して戦争に突入しました。

 

イラク、シリアで活動を続けている過激派テロ組織、イスラム国。今や支配地域の大半を失い、もはや風前の灯。そんなイスラム国も、人間の集まった集団である以上、ただ座して滅亡を待つわけもなく、生き延びるために、一般市民を『人間の盾』にしてまで必死に抵抗しています。

 

国際社会から孤立し、経済制裁を受けている北朝鮮は、それに反発するようにミサイル実験を繰り返しています。先日、北朝鮮から解放されたアメリカ人が死亡する事件があり、アメリカとの関係は悪化する一方です。


ここで、ぼくが言いたいのは、日本の真珠湾攻撃を正当化することでもなく、イスラム国を残虐なテロ集団として批判したいわけでもなく、国際社会による北朝鮮への経済制裁に疑問を呈したいわけでもありません。

ぼくが、ここで言いたいのは、誰だって死が怖いので、『死の恐怖を感じたら、人間は、なんだってやる』ということです。『自分が生き残るためには、どんな犯罪でもやってしまう』のです。

『死のリスク』が平和を乱す

f:id:oratoria:20170624032632j:plain

死のリスクがあるから、個人も、法人も、国家も犯罪に手を染めるのです。食べるもの、住む場所、着るもの、医療、お金など、最低限度なければ、ルールを破ったり、他人から奪ったりしてしまうのが人間です。

富の再分配

地球は1つしかありません。富や資源には限りがあるので、人類73億人、全ての人が豪華な生活を送ることは物理的に不可能です。戦後、資本主義によってもたらされた競争社会では、21世紀になると、裕福になる人、貧しくなる人、格差が生まれました。この格差こそ、世界平和を脅かしています。生きていくために必要なものがなければ、他人から奪ってでも人間は生きていこうとします。今の資本主義は裕福になる人、貧しくなる人が均等の割合で生まれる格差ではなく、ほんの一握りの大富豪と、圧倒的大多数の貧しい人にわかれていく格差なので、『死のリスク』を抱える人が増えていきます。これからも世界平和は乱れていくでしょう。格差を解消しなければ、つまり、富を再分配していかなければ、ぼくたち人間が、安全、安心に暮らせる時代はきません。

誰だって死にたくない

(8:41〜『死』について語る)

 

「No one wants to die」

(死にたい人はいない)

ってそりゃ、そうだよって話ですよね!笑

怖いじゃん!

死にそうな経験した人って、振り返るとゾクッとしませんか?絶対に怖かったと思います。一歩間違えていたらっていう経験をした人って、けっこう多いと思います。誰だって死にたくないですよね。それは、フィリピンの路上で生活しているストリートチルドレンだって、メキシコのマフィアだって、自衛隊で海外派遣される人だって、同じです。

まとめ

もし医者から「あなたは30分後に死にます」って言われたら嫌じゃないですか?誰だって、死にたくないです。死んだら天国に行けると信じている人ですら、わざわざそのために死のうとする人はいません。誰だって死にたくない、みんな生きたいんです。そんなあたりまえの事こそ世界平和には大切なのだと思いました。死のリスクを抱えながら生きている貧しい人、難民、社会的弱者・・・もう少し、彼らのことを支援していかなければいけませんね。

 

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ