大麻合法化で揺れる世界!日本のドラッグ合法化に反対!

f:id:oratoria:20170317015850j:plain

ぼくは、日本でのドラッグ使用に反対しています。

ドラッグとは、具体的には、アヘン、大麻(マリファナ)、覚醒剤、ニコチン、アルコール、カフェインのことです。

WHO(世界保健機関)によって、ドラッグ指定されている、これらドラッグのうち、ニコチン(タバコ)、アルコール(お酒)、カフェイン(コーヒー)は、ほとんどの国で合法化または非犯罪化されています。日本人とアルコールの付き合い方を考えたら、到底、大麻の合法化に賛成はできません。ただ、アルコールは歴史が長く、ドラッグ指定されたのも近現代なので今さら規制できないというのが、正直なところではないでしょうか。

 

日本人のお酒のマナー

ぼくはタクシー会社で働いたから、よく目にしたけど、繁華街で見る日本人の酔っ払いぶりは本当にひどかったです。酔っ払いのお客さんを乗せることも多々ありました。暴言を吐かれ、時には暴れ、時には寝たまま起きない。そういった日本人がすごく多いです。

社会への影響

日本の治安の良さは世界トップレベルです。路上で寝てても襲われない。だから寝る。

暴言を吐いても、店員さんは頭を下げてくれる。自分はいつだって悪くない。だから飲み過ぎに注意しない。

でも、そういった人が街に溢れてたら、世も終わりじゃないですか?カオスですよね。

オーバードース(過剰摂取)

ドラッグは節度を守って使用しないと、その治安の良さを乱します。アルコールはオーバードースすると、他人に絡んだり、歩行が困難になったりします。飲酒運転での死亡事故も後を絶ちません。アルコールすら、安全に扱えないのに、ほかのドラッグを解禁していいのでしょうか。大麻マリファナ)はドラッグです。依存性、危険性はお酒やタバコに比べたら低いけど、ゼロではありません。嗜好品として世界では広がりを見せる大麻ですが、日本のアルコール事情を見る限り、10年は早いと思います。合法化するならアルコール対策を、まずしてほしいところ。大麻を摂取する人が増えるなら、アルコールを摂取する人の数を減らさないといけない。ドラッグ人口が増えれば、それだけ、何か問題が起こると考えるのが定石ではないだろうか。

医療目的のドラッグ

医療目的であれば、解禁しても良いのではないでしょうか。実は、すでに医療目的のドラッグ使用は医療の現場では行われています。

鎮痛剤に使われるモルヒネは原料はアヘンで、薬物指定されているドラッグです。MDMAなどの覚醒剤も医療目的で使用されています。ドラッグによって、助かる人、報われる人、幸せになれる人、がいるのも事実で、アメリカ、ヨーロッパでは大麻(マリファナ)が医療目的で解禁され始め、その流れは世界に広がりを見せています。

あとがき

大麻合法化の流れは日本にも押し寄せています。国会や地方議会でも、議題に大麻の医療目的での使用について議論されることが増えてきました。今後、日本の社会全体を巻き込んだ大きなテーマになるかもしれません。

 

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ