オラトリア

義理や人情を大切にするのはアジア人の特徴である。そんなお話。

【スポンサーリンク】

f:id:oratoria:20170609055758p:plain

人から親切にされた時に、その親切さに気づける人間でありたいし、その受けた親切をいつか返したいと思える人間でもありたい。今日は、ぼくから見たアジアの好きなところを1つ紹介します。それが『義理』『人情』を大切にしているところです。

親切心を受け取れるアジア人

f:id:oratoria:20170609055119p:plain

ぼくは、今、アルゼンチンのブエノスアイレスに来ているけど、ある日、友達のルイスが、タバコをたくさんプレゼントとして持ってきたのです。いや・・・そんな、たくさん吸いたくないし!笑

でも、せっかくくれた『親切心』を受け取らないことに、ぼくはちょっと抵抗があって、タバコなんて、たぶん、この世からいらないものだけど、気持ちを受け取りたいから、もらったんです。

 

ぼくが言いたいのは、タバコの話ではなくて、ルイスという男は、そういう奴なんですってことです。彼はヒッピーと呼ばれているタイプの人間で、いつも穏やかで優しいやつなんです。お金がないのに、ピザをおごってくれたりする奴なんです。

 

ルイスが、ぼくに、もってきた、そのタバコだって、きっと買ったら5000円分くらいの量です。誰かに売ろうとすれば、売れたはずです。言い換えれば、『資金がなく倒産寸前のルイス商店にある5000円相当の商品をタダでくれた』のです。お金がないくせに、それだけの親切をしてくれて、なんて言ったらいいのか、お礼の言葉にすごく困るくらい心にグッときたんです。

 

ぼくは、この時たまたま、ルイスの『親切心』に気づけたから素直に受け取れたけど、気づいていなければ『ノー』と言っていたはずです。

 

ぼくが、相手の親切心に気づいて、いらないけど受け取ることができたのは、ぼくがアジアで生まれて育ったからだと思うんです。

 

中東のイエメン人が教えてくれたことは、『イエメンでは誰かの家に招いてもらって、そこで、もし食事を断ったり、出されたものを食べずに残してしまうのは失礼な事』でした。

「相手の親切心に気づいてやりなさい」という教えで、こういった習慣が、アジアには多く残っています。

 

イエメンでは料理という形で用意してくれた『親切心』を受け取るためには、食べたくないものであっても『もらう』んです。

 

イエメンもそうだけど、アラブ圏では、家に招かれたらまず、お茶(チャイ)を出されます。飲みたくなくても飲むのが礼儀です。

 

バレンタインデーで、義理チョコにしろ、本命チョコにしろ、受け取らない日本人っていませんよね。いらなくても、ぼくたちは受け取ります。

ぼくたちアジア人は『相手の情を受け取ること』を大切にしているんです。

 

アジア人は相手の『気持ち』に気づいて、それを受け取ってくれる人間が多いと思います。ヨーロッパの人は、いらないものは「ノー」と言って断ります。

 

いつか恩を返したいって思えるアジア人

f:id:oratoria:20170609055436p:plain

日本人は、たとえば、なにかプレゼントをもらった時、『お返しに』なにかする事って、多いですよね。それって『義理』『人情』からくる行動ですよね。

 

ぼくは、ルイスから受けた恩をいつか返したいと思う。そう思えるのも、ぼくがアジアで生まれ育った環境が深く影響していると思います。

 

トルコ人のメメットは、以前ぼくにタバコをくれました。何度もくれたので、さすがに悪いなと思って、いつだったかタバコを1箱買って、お返ししたんです。その時、メメットは「君みたいな人のことを、トルコ語で〇△◇って言うんだよ。〇△◇ってのは義理深い人って意味だよ。」

って言っていました。〇△◇って、なんだったか、忘れちゃったけど、このエピソードの肝心なところは、そこじゃなくて

トルコ語にそういう言葉があって、それをトルコ人が実際に褒め言葉として相手に伝える』ってことは、『義理』を素晴らしいものとして考えていたり、大切にしている価値観のひとつであるはずです。

 

アジアには、ヨーロッパやラテンアメリカにはない良さがあって、『義理』『人情』を大切にして、受けた『恩』を返したいと思うことのできる人が多いこともアジアの良さだと思います。白人社会では、あまりこういう事はないです。いらないものは「ノー」と言うし、受けた恩に対して『感謝』の気持ちはすごく大切にしているけど、それを『お返し』するということは滅多にありません。

まとめ

ぼくは、アジア人の、そういうところがすごく好きです。

そして、ぼく自身も、そんなアジア人でありたいと思う。相手の親切心に気づけて、その親切心を素直に受け取れて、その恩をいつか返す人間でありたいと思う。アジア人で良かったと思うし、そんなアジアはぼくの誇りです。

 

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ 

 

それでは、また!

 

 

 

【スポンサーリンク】