オラトリア

祝!日本・アルゼンチンのワーキングホリデー協定へ!

【スポンサーリンク】

f:id:oratoria:20170601004250p:plain

5月19日アルゼンチン大統領として19年ぶりとなるマクリ大統領の訪日で、安倍首相との会談の結果、日本とアルゼンチンのワーキングホリデー制度の話し合いで、協力覚書への署名が行われました。正式決定はまだですが、中南米初のワーキングホリデー先として、これからアルゼンチンは注目されそうですね。

(参照:日・アルゼンチン首脳会談 | 外務省

 

ワーキングホリデーとは

現在、日本人がワーキングホリデー(通称、ワーホリ)先として行ける国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランドデンマーク、台湾、香港 、ポーランドノルウェーポルトガルスロバキアオーストリアの16カ国です。

目的

広い国際的視野をもった青年を育成

両国間の相互理解、友好関係を促進すること

(引用ːワーキング・ホリデー - Wikipedia

ワーキングホリデービザを取ると、1年間滞在できます。現地で、長期間生活することで異なる文化や習慣を理解し広い国際的視野を身につけることのできる制度です。

旅行との違い

日本のパスポートを持っていれば、たいていの国では旅行で、3ヶ月間滞在できます。一般の旅行との一番の違いは、1年という長期間滞在できることと、現地で就労できることです。仕事をして、アパートを借りて、『実際の生活』を体験できることがワーキングホリデーの魅力です。

 

ところで、アルゼンチンって、どんな国だか知っていますか?

 

アルゼンチン

首都


(出典ːArchivo:Congress Plaza, Buenos Aires at Sunset.jpg - Wikipedia, la enciclopedia libre

ブエノスアイレス

人口

約4000万人

公用語

スペイン語

文化

アルゼンチンはスペインやイタリアからの移民が多く、ヨーロッパの影響を強く受けています。首都ブエノスアイレスは、ほかの中南米の国にある街とは違って、ヨーロッパ的な都市と言われています。食文化は肉料理を中心に、イタリア人が持ち込んだパスタやピザなど種類が豊富で、海洋国でもあるので、アルゼンチン人は魚介類も食べます。音楽はアルゼンチン発祥のタンゴを中心に、ブラジル、コロンビアと並んで三大音楽大国として、サンバ、チャカレラ、サルサメレンゲ、レゲエ、レゲトンなどが盛んに聞かれています。そして、アルゼンチンと言えば、忘れてはいけないのが国民的スポーツであるサッカーです。マラドーナやメッシなどサッカー史上に残る名選手を数多く輩出していてブラジルと並んで、中南米の強豪国として知られています。

場所

まとめ

日本人が行くことのできるワーキングホリデー先は現在、16ヵ国。ワーキングホリデー制度は、相互協定なので、日本人が一方的に行くのでなく、この16ヵ国から日本に外国人がやってきます。日本は、アルゼンチンとだけではなく、イタリア、イスラエルフィンランドハンガリー、ベルギーとも協議を進めています。協議中の国を含めれば、世界22ヵ国がワーキングホリデー先として日本を選んでいます。これから、日本は国際的に注目されていきそうですね。

 

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ 

 

それでは、また!

【スポンサーリンク】