オラトリア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子が外国人男性との出会いで気をつけておくべきこと。

【スポンサーリンク】

f:id:oratoria:20170425141457j:plain

国際恋愛がそれほど、めずらしいものでもない今。外国人男性と恋に落ちたい日本人女性はたくさんいるのではないでしょうか。そんなぼくも国際恋愛の経験者。男目線から考える『女の子が外国人男性との出会いで気をつけてほしいこと』を今回は紹介します。

 

外国人と言っても、アジア系、アラブ系、アフリカ系については考慮していません。いわゆる『白人男性』についての話だと思って聞いてください。

恋は盲目

 

ナンパは『あいさつ』

f:id:oratoria:20170425141502j:plain

外国人男性は日本人男性よりも積極的に女性に声をかけます。日中でもいいなと思った女性には話すきっかけ作りに時間や道を聞いたりします。これを日本語で言うところの『ナンパ』として捉えるかどうかは、あなた次第だけど、欧米の文化では知らない人に声をかけて、おしゃべりするのって普通のことなんです。駅で電車を待っている時だったり、公園でベンチに座っている時だったり、あたりまえのように「元気?」とか「こんにちは」なんて短いやりとりをします。なにも女性限定に声をかけるわけではないのです。なので外国人に声をかけられても、「あいさつ」だと思って接しましょう。

レディーファーストは礼儀

f:id:oratoria:20170425141459j:plain

日本人女性は外国人男性特有の気づかいや優しさに慣れていません。日本でサムライの時代があったように、ヨーロッパではナイト(騎士)の時代がありました。「女性や子供などの弱者には優しく」という騎士道の考え方から生まれたのがレディーファーストです。レディーファーストしてくれる、イコール素敵な人とは限りません。外国人男性の女性への気づかいは文化的な習慣というか、単なる礼儀です。 

外国人男性は大人の女性が好き

f:id:oratoria:20170425141500j:plain

女性の「少女らしさ」に魅力を感じるのは日本特有のものだと思ってください。欧米社会では少女っぽさに異性としての魅力を感じる男性は、まずいません。むしろ、ペドフィリア(児童性愛)として社会全体から忌避されます。外国人にとっての恋愛対象は大人の女性です。大人っぽさを心がけ、自分の意見を持ち、堂々と立ち振る舞いましょう。

YESウーマンにならない

日本は和の文化です。

和を以て貴しとなす

何事をやるにも、みんなが仲良くやり、いさかいを起こさないのが良いという意味。

聖徳太子

相手を不快にさせないために、勧められたものは断らない、なんでも笑顔でイエスと答える、ぼくたちはそれが正しいと教え込まれてきました。

でも、そういった態度の女性に恋愛対象として興味を持つ外国人はまずいません。ただでさえ、日本にいる外国人は母国にいる時よりも圧倒的にモテています。モテ遊ばれないように、自分の意見を持っている大人の女性として立ち振る舞いましょう。

国際教養を身につける

外国人は男女問わず、とにかく会話が大好き。政治、経済、文化など話の内容は多岐にわたります。最低限、自分の国についてはしっかり話せるだけの知識をつけておきましょう。外国人の恋愛対象は、あくまで大人の女性です。お酒が飲めるくらいの年齢になっても、国際教養もない、自分の国のことも知らない、そんな幼い女性が恋愛対象になるわけがありません。日本で出会う外国人なら、なおさらのこと。日本に興味があって、わざわざ来ているので、当然、日本のことをたくさん聞いてきます。「知らない」と「知ってるけど説明できない」はしっかりと相手にも伝わってしまいます。「知ってるけど説明できない」場合は、大丈夫です。英会話では話し手の会話が理解できないのは聞き手に責任があるという考え方なので、相手は必死に理解しようと頑張ってくれます。でも「知らない」では会話になりません。しっかり勉強しておきましょう。

セクシーさを武器にする

アカデミー賞授賞式の時に、レッドカーペットを歩くハリウッド女優たちを思い出してください。50、60を過ぎた年配の女優さんでも体のラインがくっきりわかるようなセクシーなドレスを身にまとっています。欧米社会では女性はセクシーさを求められるのです。日本では女の子何人組とかのアイドルグループがいますよね。ああいうのって海外ではありえません。海外のアイドルグループは「少女さ」ではなく「セクシーさ」を売りにしています。 外国人にとっての恋愛対象はセクシーな大人の魅力を持った女性です。

日本で出会う外国人のタイプ

f:id:oratoria:20170425141503j:plain

モテる男はどこの国に行ってもモテます。モテない男はどこの国に行ってもモテません。ただし日本は除く…。

わざわざ東の果ての『極東』と呼ばれている日本にまでやって来るくらいだから大の日本好きです。日本のことをよく知っていて、さらにもっと知りたいと思っています。外国人男性との恋を夢見るあなたと同じで、日本人女性との甘い一夜を過ごしたいと夢見ています。

海外経験を積んで、たくさんの外国人と知り合っていくと、話してみた感じだったり、立ち振る舞い方で

「この人は恋愛対象じゃないな」

とか、いろいろ判断できるようになります。でも海外経験がないと『外国人男性』というだけで目がハートになってしまう日本人女性が多いです。

 

日本で出会う外国人はオタクっぽい人達が多いです。

 

オタクが悪いってことではないです。ぼくも、歴史オタクですしね。ぼくが言いたいのは、もしも日本人男性のオタクが恋愛対象外なら、外国人男性のオタクも恋愛対象外のはず。

 

アスカ「なんで、こんな男と…。

と後悔した経験はありませんか?

 

日本人男性に対しては冷静な判断ができるのに、外国人男性となると、どうしても目が曇ってしまいがちです。見た目ではなく中身で選ぶべきだと思います。『外国人男性』というだけで心もカラダも許してしまうと、あとあと後悔すると思います。

まとめ

日本は言わずと知れた『ガイジン天国』です。外国人と言うだけでモテてしまう不思議な国です。オリンピックを控えた今、訪日外国人数はうなぎ上りです。日本政府は2020年までに年間4000万人の訪日観光客を目標にしています。外国人男性と出会うことがどんどん増えてきます。素敵な恋愛をしてください。

 

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ 

それでは、また!エンジョイ!

【スポンサーリンク】