オラトリア

謎のパーティ『ドゥーフ』とは。今夜もパーリナイッ!

【スポンサーリンク】

f:id:oratoria:20170405162249j:plain

パーリーピーポーのみなさん!こんにちは。ぼくもパーリーボーイってよく言われます!もう33歳なのに!笑

今回は、世界のパーリーピーポーが大注目してるオーストラリアの超シークレット・野外イベント『ドゥーフ』について話そっかな。

 

ドゥーフ(Doof)とは

オーストラリアやニュージーランドの人里離れた森の中や山で開催される音楽イベント。特徴は、仮装してみたり、自分でお店を出したり、シャボン玉で遊んでみたり、自分の楽しみたいように楽しむ!そんなパーティ。文字通りの『自由』で、なんでもあり!!音楽は主にEDM、テクノ、サイケ・トランス。

 

 

 

そんなドゥーフに行ってみました!!

 

ぼくが行ったのはコレ

 

OMEGA Festival

↑懐かしいな~。。。 

 

↓日記っぽく書くけど、どんな感じか雰囲気を掴めてくれたら嬉しいな。

 

会場までの道のり

ぼくたちは総勢7名、車4台で行きました。

オーストラリア人のクリスとショーン。

ドイツ人のサンディとラビニャとフローリアン。

イタリア人のエマヌエル。

日本人のぼく。

 

みんな、すっごいクレイジーな連中なんだ、これがまた。

 

クリスなんて一番ウキウキしてて

途中でガソリンスタンドに寄った時、車の屋根に上って踊ってたしね。

 

f:id:oratoria:20170405155647j:plain

(Alan Taylor | Flickr)

ショーンの車なんて、車じゃなくて↑こんな感じのダンプカーだからね。私用の車がダンプカーって、かなりクレイジーじゃない?笑

そういう人のこと英語で「Sick」(病気)って言うんだ。この場合は、悪い意味ではないよ。

ヒロ「You are sick!

こんな感じで気の知れた仲間に対して使うんだ。

 

 

ぼくは、もうハラハラ、ドキドキでしたよ。

 

海外のフェスですよ?

しかもドゥーフですよ?

 

ヤバいに決まってんじゃん!

いろんな意味で・・・。

 

フェスのホームページに載ってる場所は「グラフトンらへん」でした。

 

らへんって?

 

え?笑

 

警察の目をくらませるために場所は直前にならないと告知されないんですよ。

ね・・・ヤバいって言ったでしょ・・・

 

で、場所の詳細が当日、メールで送られてきます。

 

ふつう場所って、住所とかグーグルマップで送られてきますよね。

 

違うねんって!

 

「グラフトンから西に15キロくらい進むと、赤い屋根の家があるから、そこを左。しばらく行って橋を渡って大きな木を右に曲がる。で・・・」

こんな感じのメッセージが長々と。

 

大きな木を曲がるって?

 

どこやねん!笑

そのへんにたくさんあんじゃん!って話です(笑)

 

だから行くまでが大変だったよー。

クリス「ここじゃねーな。戻ろう!

みたいなやりとりを電話で頻繁に連絡を取り合いながら行くわけです。車4台だからね。

 

でも、そこは、さすが外国人!!

か弱い女の子だったら

アスカ「もう。無理ー。帰ろうよー。

ってなるけど

 

絶対に諦めない!

 

絶対に!

 

着くんだよね。

 

着いたんだよね。

 

イェイ!!

 

会場に到着~!

車4台、7人のグループだから場所取りが大変でさ。

だって、会場って、森の中だったんですよ?木とかたくさんあるし、木と木の間に十分なスペースのあるところは、もうすでに他の人にとられてるし。

 

車どこ止めるよ?って話ですよ。

 

ここで、大活躍するのががショーン!!

 

ぶった切ろうぜ!

 

え!?

 

ぶった切ろうぜ!!

 

 

f:id:oratoria:20170411140408p:plain

ダンプカーの荷台からチェーンソー出してきて、木をぶった切るんだよ。

 

なんで、チェーンソー持ってんのよ!笑

 

チェーンソーの音が森中に響き渡る・・・

 

ウイーーーーーン 

 

ウイーーーーーン

 

そして

 

車4台分、確保ー!!

 

ヒロ「こいつらマジでクレイジーだわ!ヤバいわ!

って、感じ。

不可能っていう考え方がないってゆーか、バカってゆーか・・・。

 

クレイジーな奴らが集まるパーティ。それがドゥーフである!

 

5日5晩24時間ずっと音楽鳴りっぱなしです。途中休憩、一切なし!

 

これはクリスが撮影したやつ。最後に出てくるアラビアンナイトっぽいのがクリス。

みんな楽しそうじゃないですか?

ダンスって、自分を表現する方法のひとつなんですよね。人によって、ぜんぜん違うし、むしろ違うべきだし、同じじゃいけない。 

 

ただのパーティでしょ、って思ってたけど、ぜんぜんっ!もう、ぜんぜんっ!

 

いろんな事を学びました。 クリスに言われた一言は今でもぼくの信念です。クリスは英語教師として日本に2年いたからカタコトの日本語で、こう教えてくれました。

 

クリス「ジブンノ、ジンセイ、ジブンデ、キリヒラケ

 

 

自分の人生、

自分で切り開け!

 

ってね!

 

あとがき

どうでしたか?ドゥーフに興味を持っていただけましたか?人生いろんな経験をした方がいいと思います。世間一般的に言われている「良い事」「悪い事」は本当に正しいのか、それを自分の目で確かめる。そういった経験は必ず、その後の人生に良い影響を与えます。それでは、今日はこのへんで。

 

【スポンサーリンク】