オラトリア

ぼくが幸せになるために実践してる5つの習慣

【スポンサーリンク】

f:id:oratoria:20170404005958j:plain

アスカ「いいねー。いつもニコニコしてて。楽しそう。

よくそう言われます。

たしかに、ぼくは幸せオーラぷんぷん出てると思います。自分で言うのも変だけどね。でも、ぼくだって、昔は、かなり暗い少年だったんです。

ヒロ「絶対信じてくれないでしょ!?

ホントですからね。

ぼくは、幸せになるために自分なりに努力してます。

 

幸せの5つの習慣

ぼくが幸せをキープするために、やってる事を紹介しますね。

カッコつけない

f:id:oratoria:20170404161331j:plain

カッコつけていない奴が一番カッコいい!

これががぼくの信条です。

 

ぼくは、お笑い芸人の出川哲郎さんを、深く尊敬しています。

アスカ「えー。キモいー。

そういう事、言わんどいてください。

みんなが、どういう角度から出川さんを見てるかわからないけど、

あんなに自分らしく生きてる人って、日本に滅多にいないと思います。

 

失敗したら全力で悔しがるし、良い事があったら全力で喜ぶし、人からどう思われようと関係ない、やりたいからやってんだ、って感じですよね。カッコつけてないんです。自分の良いところも悪いところも全部出す、個性を全面的に出す、そういう生き方を送れる人は幸せだと思います。

 

ほとんどの人は、そんな事なかなかできないと思います。失敗したら恥ずかしいとか、自分を良く見せたいとか、そういうの、ぼくたち気にするじゃないですか。ぼくは気にしますよ。だからカッコつけないようにしてるんですよね。

ダメならダメでいいじゃん!だって、これがオレなんだもん!

ひとりにぼっちにならない

f:id:oratoria:20170404161329j:plain

ひとりが好きな人はいます。でも、独りが好きな人はいないと思います。ひとりぼっちって寂しいじゃないですか。

ぼくは海外生活が長いけど、独りぼっちの時ありましたよ。

たとえば、メキシコ。いつしか友達がたくさんできたけど、スペイン語がよくわからないから、話についていけなくて

ヒロ「やっぱり、ひとりがいいわ!

ってなって、ひとりになる。ひとりが、やがて独りになる。

 

「どうせ、おれなんて・・・。」

って思ってるのは自分だけです。友達はいつだって暖かく迎え入れてくれます。ひとりになりたがるのって、なんだかんだ、何かから逃げたい時だったり、自分勝手なわがままの時が多いんですよね。

 

ひとりになりたい時だからこそ、友達と会う。それが一番だと思います。

恋をする

f:id:oratoria:20170404161328j:plain

ぼくは今33歳なんですけど、やっぱり恋っていいもんだなと思います。

 

恋した時のトキメキ感は、なによりも幸せだと思います。

 

学校でも職場でも、好きな子がいると、それだけで行くのが楽しくありませんか?ウキウキしますよね。

特に女性にとって、恋とは、脳内の4つのホルモン分泌が活性化され、キレイになってしまう魔法の薬です。この4つのホルモンとは


フェニルエチルアミン

消化を促進し、ウエストをキュッと引き締める働きがあります。

エストロゲン

胸が大きくなる、ウエストがくびれる、肌のキメが細かくなり、色白になる…とキレイへの変化が現れます。

ドーパミン

別名「快楽ホルモン」。心地いい、うれしいという快楽・快感の動機となる行動は、このドーパミンの分泌によって、再現されようとするのです。

オキシトシン

オキシトシンが分泌されると、優しい気持ちになり、社交性も高まります。

 

みなさん、恋しましょ!

座禅をする

f:id:oratoria:20170404161332j:plain

ぼくは京都で本格的に修行してきたくらいなので、けっこう気合入ってます。毎晩、座禅をしています。座禅の効果って科学的に実証されてるんですよね。

セロトニンが活性化する

セロトニンは心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、「幸せホルモン」と呼ばれています。座禅をすると、それが活性化します。

メラトニンの量が増える

セロトニンを材料として作られる物質メラトニンは体を眠りに適した状態にしてくれるので、よく眠れるようになります。ぐっすり眠れないと体調管理に響きますからね。

 

座禅に抵抗がある人は、ヨガもいいと思いますよ。ぼくも3ヵ月間だけ、やってたけどヨガは心も体もキレイになりますからね。

自然と触れ合う

f:id:oratoria:20170404161330j:plain

ぼくは週に2、3回公園に行って散歩したり走ったりしています。

どうして人間は自然の近くにいると心地よく感じるのか。ぼくが思うにDNAや遺伝子が関係していると思う。人間の歴史を辿ると、ぼくたちの祖先は約1億年前に、地球上に誕生した霊長類です。人間が村や集落を作り始めたのって、ここ数十万年前なんです。人間の長い歴史を考えたら、ここ最近の出来事なんです。ぼくたちは、ほぼ1億年自然の中で生活していたんです。やっぱり自然が好きなんじゃないですかね。人間って。自然と触れ合う効果は科学的にも立証されています。

健康促進

英国グラスゴー大学の疫学者リチャード・ミッチェルさんによると「緑地には健康を回復させる効果がある」そうです。

ストレスホルモンの減少

千葉大学環境健康フィールド科学センターの宮崎良文教授による実験では、被験者のストレスホルモンのコルチゾールが16%減少し、血圧は2%、心拍数も4%、それぞれ低下したそうです。

 

あとがき

いかがでしたか?アンタッチャブルザキヤマさんみたく、生まれながらに幸せに満ち溢れてる人ってホントにうらやましいです。座禅とかやってるんですかね?絶対やってないですよね?いつも幸せマックスなボクだけど、ちゃんと、裏ではやってるんです。そんじゃ、また!

 

 

【スポンサーリンク】