オラトリア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オラトリア

世界36ヵ国で学んだ英会話

出会って5秒で心の距離をグッと近づけるテクニック

f:id:oratoria:20170403001750j:plain

こんにちは。ヒロです。

ぼくは常に相手の良いところを探すようにしています。そうじゃないと、その人のこと心から好きになれないですよね。みなさんは、人間のどんなところを好きになりますか?

 

人と仲良くなるには、まず

 

相手に興味を持つ

 

です。趣味・興味が同じ人だと、それだけで親近感がわきますよね。

人間が一番興味のある事って何だと思いますか?

映画、音楽、英会話、恋愛・・・そういう答えじゃないんですよね。一番興味があるのって

 

自分の事なんです

 

自分に興味を持ってくれる人には親近感がわくんです。言ってしまえば、それ、共通の趣味ですからね。だから心の距離をグッと近づけるためには興味があることを示しましょう。

 

でも

ヒデ「オレ、あなたに興味があるッス!

なんて急に言われたら驚かれます。誰しも自分に興味を持ってほしいくせに、いきなりそんな事言われるのって困るんですよね。人間ってそういう変わった生き物なんです。

ヒデ「じゃ、どうしたら興味を示せるんでスか? 

ヒロ「じゃ、出会って5秒で心の距離をグッと近づけるテクニック教えちゃおっかな!

5秒テクニック

 

褒める!

 

これに尽きます。なんでもいいんです。まず相手の良いところを探しましょう。ぼくは出会ってから最初の5秒間に相手のファッションとか持ち物に一通り目を通します。イイな、と思ったことはその場で伝えちゃいます。言われた相手は、当然、嬉しいですよね。

「これは〇〇で買った△△で、オレのお気に入りなんだ」

なんていう会話がすぐ始まります。そう。褒めるというのは会話のキッカケにもなるんです。一石二鳥なんです。

イメージとしては、↓こんなノリです。

失敗する事例

ヒデ「その、ネックレス、かわいいッスね・・・。

サンディ「え?(・・・。ん?褒めてくれてるのかな?)あ、ありがとう。

褒めたのにダメだったって時あります。考えられる原因は3つです。

無表情&棒読み

感情表現豊かに言わないと伝わらないのが英会話です。あと日本人の英会話は腹から声を出していないので声が小さいです。自分の感性、感情に自信を持ちましょう。自信を持てば声も自然と大きくなります。

そもそも興味がない

気に入られたいから、とりあえず褒めとくか、なんて思っていませんか?ホントに褒めるってのはホントに相手に興味がないとできません。小手先だけのテクニックで英会話はできません。

相手が話を聞いてない

あんまりないけどね。でも、たまにある。話してる途中になにか邪魔が入ったとかね。こっちが悪いワケじゃないから気にしない。気にしない。

練習問題

はい。じゃ、褒める練習するよー。

ヒデ「えー。めんどくさいッス・・・。

やれよ!!

あのですね、今まで英語で何を勉強してきたんですか?

リスニング?はい。

リーディング?はい。

スピーキング?はい。

ライティング?はい。

ヒロ「で、トーキングは?

 

トーキングは!?

 

ヒデ「習ってないッス

英会話はトーキングです!

トーキング習った人っていますか?スピーキングとトーキングって全然違いますからね?

おれは17年間、独学でトーキング勉強してきたけどね!

はい!じゃ、トーキングの練習します!

一応、おれの解答も載せとくけど、模範解答でもなんでもないですよ?正解はコレ!ってのはないです。心から思った事、その個性こそが正解なんです。

 

出会って5秒の状況です。目の前にいる人に向かって褒めてください。

練習問題1

褒めてください。

f:id:oratoria:20170402150112j:plain

(By Daniele Zedda)

「そのTシャツ、カッコいいね。実はおれ、カリブ海の音楽のソカってのが好きなんだけどさ、カリブ海の人ってアフリカからの移民が多いじゃん?そうそう。それで今ちょっと、そのTシャツ見て思い出しちゃったんだよね。あ、おれ、名前、ひろね。よろしく。どこから来たの?もしかしてカリブ海?」

自分がカリブ海の音楽が好きっていう事も会話に織り交ぜてます。明るい感じで言えば、最後の「もしかしてカリブ海?」で笑いがとれますよ。

練習問題2

褒めてください 。

f:id:oratoria:20170402150520j:plain

「そのTシャツ・・・白と黒のバランスがいいね。カラーコーディネーターの勉強してた時に先生が言ってたんだ。白と黒は一番相性がいいってね。」 

疑問文じゃなくて肯定文のパターンです。女性を褒める場合、顔と体は褒めないでください。よっぽどトーキングに自信があるなら「君かわいいね」でもいいけど、出会って5秒ですよ。警戒されます。この後、相手から「ファッションの仕事してるの?」とか聞かれますよ。

練習問題3

褒めてください 。

f:id:oratoria:20170402150930j:plain

「ひとつ推理していい?ネコ好きでしょ?だって、そのバッグ、ネコだらけじゃん(笑)日本には有名なネコのキャラクターがいるんだよ。ハローキティって言うんだけど、知ってる?」 

日本人の英会話ってよく「で、何が言いたいの?」ってなるんです。要点がわからず、ただ自分の主張をしただけっていうね。トーキングとは会話のキャッチボールです。疑問文を駆使しましょう。

練習問題4

褒めてください。

f:id:oratoria:20170402150931j:plain

「その帽子カッコいいですね。おれ、頭大きんで、なかなか見つからないんですよ。気に入ったのがあっても「これも合わない」「あ、これも合わない」「あれ、これも合わねーし!」ってなって結局いつもギブアップ。それに、そういう帽子を被るには、おれアジア人だし、ヒゲあんま生えてこないし、見た目的に微妙かなって。」

これくらい長い文章を言えば、肯定文でも相手は答えやすいんです。外国人だって、みんながみんな、オープンな性格ではないですよ。中には「ふーん」で終わる人だっています。日本人って相手の顔色を気にし過ぎてるんでそういう時、気にしないでください。言いたいから言ったんです。

練習問題5

褒めまくってください。

f:id:oratoria:20170402232721j:plain

ヒデ「なに、さりげなく褒められようとしてるんッスか!

ヒロ「う、うるさいやい!

あとがき

ぼくは、よく人のこと褒めます。でも、それって、適当に言ってるんじゃないんです。良いところを探してるから出てくる言葉なんです。良いところを発見するのに必要なものって感性だと思うんです。感じるから、気づく。気づくから口にする。そういう流れがあるんです。みんな、それぞれ違った感性を持ってるはずです。その感性はその人しか持っていないオリジナルの感性なので、大切にしてほしいと思うんです。では、また!